読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先天性風疹症候群の子ども 死亡率20%超

要約

平成24年から25年にかけての風疹の大流行で母親の胎内にいるときにウイルスに感染し、「先天性風疹症候群」と診断された子ども45人のうち11人が、相次いで死亡していたことが国立感染症研究所などの調査で分かりました。専門家は「死亡率が20%を超えるというのは衝撃だ。ワクチン接種を改めて徹底し、流行をなくしていくことが求められる」と話しています。

疑問

なぜ今になって死亡率が上がったのか。

考え

先天性風疹病症候群という名前が広がればワクチンの接種率が上がるのではないかと思う。私自身初めて耳にしたし、これが原因で幼い命が失われる可能性があると広がれば男性関係なく認知が広がるのではないだろうか。