読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福島第一原発 作業員の死傷者半減も安全教育に課題

要約

廃炉に向けた作業が続く東京電力福島第一原子力発電所で、昨年度1年間に死亡したり、けがをしたりした作業員は26人と、前の年度に比べほぼ半減しましたが、このうち6割以上が経験1年未満の作業員だったことが分かり、経験の浅い作業員の安全教育の課題が浮き彫りになっています。

疑問

今現在に起きている死だけでなく、長期的に見た被爆が原因で起きる死、病気はどれほどなのか。

考え

作業員7000人とは思った以上に多く、それほどに難航しているのか。
チェルノブイリ原発事故から、事故から5年ほどで癌などの被爆が原因と思われる病気が急増するといわれているので、福島でもそろそろそういった病気が増えてきていてもおかしくないのでは。
作業員の健康管理は被爆への配慮が心配される。