読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アップル、1~3月期は13年ぶり減収 iPhone初の失速

要約

ニューヨーク(CNNMoney) 米アップルが26日発表した2016年1~3月期の決算は、売上高が前年同期比13%減の506億ドル(約5兆6300億円)で、13年ぶりの減収となった。主力のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売台数は発売以来初めて減少した。

疑問

Appleは現在iphoneに頼りすぎているのが現状であり、他分野(PC,タブレット)の成長はないのか。

考え

最近のAppleの発表などを見ていると、以前にあったような新機能など驚かされるものが減ったような気がする。
スティーブ・ジョブズがいた頃は新機能が使いたくて新しく買い換えたものだが、亡き今には感じられなくなってしまった。それだけ彼が与えるものは大きかったのかもしれない。
iphoneの販売台数は10億に達するらしいが(
CNN.co.jp : アップルの「iPhone」販売台数、10億台近づく
)、それは中国やインドなどの新規開拓地によってもたらされたものに見え、長期的な目で見たら伸びしろは薄いのかもしれない。
以上から次行われるであろう6月のWWDCには期待したいが、できないのが私の心境である。